肩こりを解消したい

新宿,マッサージ

肩こりの原因を探ろう

肩こりは全て肩が原因で起こると思っていませんか?実は肩以外に原因があり、そこから肩の血流が悪化して肩こりが起こっていることが良くあります。肩をマッサージしても良くならない場合は、首や二の腕をマッサージしてみると、改善することがあります。首や二の腕の血流が悪くなることで肩に流れる血流も少なくなり、血管が収縮することで肩こりが起こります。また、酷ければ頭痛も併発することもあります。ここで注意が必要なのは、温めるか冷やすかを間違えないことです。筋肉などの炎症から来る肩こりの場合は、冷やすことをおススメします。ピッチャーが肩をアイシングしているのは腕や肩が炎症を起こしているからです。座り仕事による方や腕の疲れ、または目の疲れからくる肩こりは血管を広げる必要があるため、湯船や蒸しタオルなどで温めることをおススメします。

ガチガチに凝った肩。その原因とセルフマッサージをご紹介!

肩こりの原因は、眼精疲労や緊張やストレス、体の冷え、運動不足、偏食などの生活習慣のほか、整形外科、内科、歯科など疾患からくるものがあると言われています。自分の肩こりの原因を知って改善したいところですが、仕事や家事に追われ、専門医に行く時間がなかなか取れないこともあるかと思います。そんな時に一人でもできる簡単なセルフマッサージがオススメです。
まず姿勢を正して椅子に座り、首を左右にゆっくり倒します。このときゆっくり息を吐きながら行い、体をリラックスさせます。次に首と肩の付け根を両手の指でゆっくりもみます。凝ってる部分を内側から外側に向かって優しくもみほぐしましょう。この時、自分の周りにスペースがあるときは、腕を上にあげ、手のひらを外側に向けた状態で、肩甲骨を寄せることを意識しながら腕を下ろしましょう。凝っている部分だけでなく、上半身全体をほぐしてあげることが重要です。オフィスワークや家事で働きづめの体を毎日少しづつでも労ってみませんか?

マッサージで肩こり解消

頑固な肩こりでお悩みの方は、ぜひマッサージ店に行ってみてください。そこまで頑固ではないけれど、肩こりが気になっている、という場合はクイックマッサージなどを行っているリラクゼーションサロンでも構わないと思います。自分では手が届きづらいところを揉みほぐしてもらうことで症状が改善するかもしれません。肩を中心に全身マッサージを行ってもらえば、血流が改善して肩こりになりにくい体つくりも目指せるかもしれません。