その痛み、目の疲れが原因かも!?

新宿,マッサージ

眼精疲労と眼疲労

眼精疲労 (がんせいひろう, Asthenopia) とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視野がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。眼疲労とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言う。

引用:「Wikipedia|https://ja.wikipedia.org/wiki/眼精疲労」より

現代はスマートフォンなどの普及や仕事でPCなどの液晶画面を長時間見ることが多くなり、目を酷使していると感じる人も増えているそうです。頭痛や肩こり、吐き気を感じることが増えた、という人もいるのではないでしょうか?実はその頭痛や吐き気、目の疲れから来ているかもしれません

・スマホやパソコンの画面をよく見ている
・夕方になると目がかすむ
・暗いところで本を読んだり作業をすることが多い
・夜よく眠れない

などの環境や症状が続いている人は、目以外の部分に起きている体の不調も目の疲れが原因と考え、目を休ませてあげたり、マッサージを受けてリセットする時間を作ってあげましょう。単なる目の疲れ(眼疲労)であれば睡眠などで回復させることができますが、酷くなると眼精疲労という、睡眠などでは簡単に回復させることができない重篤な症状になってしまうかもしれません

体の疲れに効くマッサージ

「なんとなく体がだるい」と感じるのは、体の筋肉が硬くなっているせいかもしれません。筋肉が硬いと血流が悪くなって、疲労の原因にもなります。そんな時はマッサージで体をほぐしてみませんか。マッサージは体の疲労回復に最適です。そこでおすすめのマッサージをいくつか紹介したいと思います。まずは「ヘッドスパ」です。頭皮をマッサージすることで、頭がスッキリします。眼精疲労にも効果があるので、スマホやパソコンの使用で目が疲れた方に効きます。次は「オイルマッサージ」です。肌に直接オイルをぬるので、血液やリンパの流れが良くなります。肩こりや腰痛の改善をしたい方におすすめです。最後は「足裏マッサージ」です。ツボを指圧して血の流れを良くします。足裏には内臓の疾患に効くツボがたくさん集まっているので、内臓の不調が気になる方におすすめです。

ヘッドスパや足裏マッサージだったら短時間でも気軽に受けられる施術ですし、時間がある時はそれに全身もみほぐしなどの施術をプラスしてじっくり体をほぐしてあげるのも良いかもしれませんね。
仕事などでやむを得ず長時間パソコンの画面を見なくてはいけなかったり、細かい字を読まなくてはいけなかったりと目を酷使することが多い人は、寝る前にホットアイマスクなどで目元の血行をよくしてあげたりするのもオススメです。自分に合った方法で日頃からケアしてあげてください。